• トップページ
  • 草津市公認キャラクターたび丸
  • ふるさと寄附制度
  • シティセールス活動認定事業
  • KUSATSU BOOSTERSNew
  • くさつ魅力発信塾

くさつ魅力発信塾 マッキーのいいね ゼミナール2013

  • 魅力発信塾TOP
  • 開催内容・レポート
  • 参加者大募集

第2回 「企画素案を作ろう」~クリスマス3時間スペシャル~


12月14日 くさつ魅力発信塾『マッキーのいいね!ゼミナール2013』第3回開催しました!

 

1.今後の流れについて【牧田氏説明】

次回、2月8日が最終回。
最終回は、企画のプレゼンを行うので、本日は企画書にどうやって落とし込むのか話し合っていただくことになる。



2.企画書の作り方【事務局説明】
※企画書(案)を示し、基本的な企画書の作り方を説明。
「草津婚活パーティー(KUSAKON)(案)」

◆表紙◆

・企画書は誰かに伝える、発表する、プレゼンテーションするということであるので、
「宛名、タイトル、自身の名前」が必要。
・表紙が一番インパクトを与える。タイトルをデザイン化するなど。



◆現状と課題について◆

・考案した企画に至るまでのプロセス、理由づけについて整理する。
・皆さんが考えるものの現状と課題を自分なりに想定する。



◆企画の背景について◆

・現状と課題をクリアして、どうしたいのか。
・文章の他に、イラストや絵を入れて分かりやすくすると効果的。



◆コンセプト・テーマ◆

・コンセプトを設定し、方向性を確認。
・自分なりにつくる。イメージを説明するために、写真や絵で表現すると効果的。




◆具体的内容◆

・タイトル、期間、実施概要、会場など
・想定した範囲で構わない。企画書は取扱説明書ではない。あくまでも提案である。
嘘はダメだが、誇大な表現は効果的。
・イラスト等を使用すると効果的。


◆ターゲット、スケジュールなど補足説明◆

・具体的概要以外に、ある程度の想定で補足説明すると効果的。
・客観的な自分のイメージを説明。提案する相手に、楽しそうだな、魅力ありそうだなということを感じさせ、分かりやすく相手に伝わるように、自分なりに大きく表現する企画書が大事。
・検索サイトで、ある程度オープンな写真があるので、イメージに合う写真を探して使用する。
※企画書を作る場合、円グラフ、統計のグラフをつけると100ページ、200ページになるが、今回は表紙と5項目を入れた最低6ページ以上となるように作成。




3.ディスカッション【各コース毎に取組み】

企画書の作成に向けて、各項目の整理。





4.ブレイクタイム【クリスマスプレゼント交換】





クリスマススペシャルである今回は、サンタさんとトナカイさんが登場!!
ブレイクタイムでは、塾生各自が持参したプレゼントを交換しました。









サンタさんとトナカイさんが、塾生にクリスマスプレゼントをくれました♪






曲に合わせて、プレゼント交換♪  





5.ディスカッション【各コース毎に取組み】




 

>レポートTOPに戻る