• トップページ
  • 草津市公認キャラクターたび丸
  • ふるさと寄附制度
  • シティセールス活動認定事業
  • KUSATSU BOOSTERS
  • くさつ魅力発信塾

草津市のシティセールスについて

“魅力あるまちづくり”を効果的、組織的に進めていくために

 草津市では、市政運営の最上位の計画である「第5次草津市総合計画」において、『出会いが織りなすふるさと“元気”と“うるおい”のあるまち草津』を将来に描くまちの姿とし、草津市民であることに対しての誇りや愛着である「ふるさと草津の心」(シビック・プライド)を醸成していくことを目指しています。
 市民の皆様が住み続けたいと感じ、魅力ある都市としての活力を維持していくためには、草津市のまちの魅力を効果的に情報発信し、ひと、もの、情報等を惹きつけ、市場を創出、拡大し、地域経済を活性化する必要がありますが、まちの魅力は、行政だけで創出できるものではなく、「ふるさと草津」に誇りと愛着を持つ市民や団体等とともに、一丸となって取り組まなければ成し得られるものではありません。
 そこで、市民・団体・行政等が一体的に“魅力あるまちづくり”を効果的、組織的に進めていくために、本プランを策定し、基本的な考え方や方向性を共有しながら「シティセールス」に取り組むこととしました。

シティセールスの方向性

行動規範 草津市自治体基本条例【市民と行政の役割、行動の姿勢】市民参加・協働 取組手法 草津市シティセールス戦略基本プラン【効果的・組織的な事業展開】・持続的な都市の活力・シビック・プライドの醸成・都市イメージの向上 理念目標 第5次草津市総合計画【将来ビジョン】

草津市シティセールスの基本的な考え方

草津市では、“魅力あるまちづくり”を進めるための活動としてのシティセールスを次のように定義しています。

【草津市シティセールスの定義】

市民と行政が協働して、『草津ならでは』にこだわった魅力を創出し、
市民や市外の人に対して、魅力を発信する取り組みのこと。

草津市シティセールスで用いる「都市イメージ」

草津市シティセールスにおいて、本市の独自性をわかりやすく訴求する都市イメージを次のとおり定めています。

【都市イメージ】

“出会い”があるまち・草津

草津市シティセールス関連資料